ATCM2017

平成29年12月15日(金)~12月19日(火)で台湾の桃園市中レキ区にある中原大学で開催されたATCM2017(Asian Technology Conference in Mathemtics)に参加して論文発表してきました。タイトル等はMishima Haruka, Hiroshi Kai, Pade approximant using ISCZ methodです。ISCZ法を使って1変数Pade近似の浮動小数計算の安定化についてまとめました。

Next Post Previous Post