CSS2017発表

10/23(月)~10/25(水)に山形市において開催されたコンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2017)で以下の題目の研究発表を行いました。 マルウェアの動的解析結果によりマルウェア亜種を分類する方法に関する研究です。今回はLZ77を用いて特徴抽出をする方法を提案しました。 「データ圧縮アルゴリズムによるマルウェア分類および亜種判定について」 ◎武智 聡平 (愛媛大学大学院理工学研究科) 甲斐 博 (愛媛大学大学院理工学研究科) 森井 昌克 (神戸大学大学院工学研究科)

Previous Post